-------------
We are
"Undead"
-------------

概要


現代の吸血鬼たちは、法的には「死者」として扱われる。彼らは死んでまもなく、夜には閉まっている役所の門をかいくぐり、じぶんでじぶんの「死亡届」 を出さねばならない――。

現役吸血鬼ルーク・デッドマンが「カーテンの裏側」から綴る、困難に満ちた吸血鬼の日常。

著者紹介

ルーク・デッドマン(1901〜1939)
 米テキサス州、農家の三男として生まれる。ハリウッドスターを志し、都会へと旅立つものの、吸血鬼症の発症により断念。享年38歳。現在は作家兼フリーライターとして死んでいる最中。
 もっとも卑近な一族である『ラットルート』のスラヴ系吸血鬼。
 なお、著者の写真はミスプリントの類ではないことを、編集者から読者のみなさまにお知らせいたします。

[戻る]
Designed by klee
inserted by FC2 system