シムPTのレビュー

【ジャンル】日本の学校すべてを統治下に置くシミュレーション
【配布元】(虹魂社 様
※Vectorでダウンロードできるようです)

”シムPTはあなたがPTA会長宇部川多喜子(46)となり、
日本の学校すべてを統治下に置くシミュレーションゲームです。”
         シムPT(シムピティ) Readme.txtより引用

もうなんか、分かった気がしますね。
ゲームの紹介はこれで十分なんじゃないでしょうか。
シムPT。読みはシムピティ。
なんだか、ちょっと似ています。アレと。某有名街系シミュレーションと。 でも、オマージュと言い切るにはあれです。かつてない。

私、たぶん、今までに色々なゲームをプレイしてきましたが、主人公がPTA会長だったり、46歳のご婦人だったりをプレイするのは初めてで、下手をするとこれが最期なんじゃないかと思っております……。

なんかもう、過剰な表現規制とか、ゆとり教育の廃止とか、ちょっと現代風刺っぽいようなところはあるのですが、全てを超越した圧倒的な風刺には「こうあるべき」という主張が含まれていません。大丈夫です。肩こらないし。っていうかもう、なんかくだらない。くだらなすぎてそういうの考えるのおっつかない。
菅原道真公にお伺いを立てるわ電波で教育するわのパラノイアです。もうね、やりたい放題。宇部川多喜子(46)さんのバイタリティーはすごい。

しかし、ゲームバランスがまた絶妙で、私、1周目はPTAの私設部隊はあえなくアメリカ軍の前に敗北しましたが(※誇張無し)2周目で余裕を持ってプレイしてみるとすんなりクリアできちゃったりして、なんでこんなに作り込みが細かいんだよ!どこから湧いてくるんだその職人魂は……!
クリア後には、ハードモードもあります。これがまた絶妙に、ぎりぎりの難易度なんですよね。

サポートキャラクターの、山犬さんが好きです。
妙に献身的だ。忠実だ。なんだ。可愛い。
inserted by FC2 system