ライナルト帝国 裏 クリア感想

ライナルト編裏ルートクリア!!!

いやあああ……ありがとうございます……!ありがとうございます!!!
アップデートで、まさかの、追加エンドがきましたよ!
なんてこった!よっしゃーーー!!!
え?夢じゃなくて?え?正規で?
いろいろ教えていただいてありがとうございます。
おかげさまで!!!私は!!!元気です!!!
※以下、ライナルト帝国裏ルートのシナリオのネタバレを含みます





















一度、裏ルートへの入り方に気が付かずにしばらく帝国で台頭しちゃいました。ああ、だから滅んでおけと!ああ!滅んで、滅んで……良かったんだ!

アドバイスに従って、 開始してすぐ帝国兵はさっくり解雇。さあ、サッカーでも野球でもなんでもやりたい放題やってくれ!
平和だ 空っぽの王都にて、しかるべくしてライナルト帝国、滅亡。
滅んでしまえ、滅んでしまえーーー!

茫然自失のアグネスちゃんにディートハルトさんが「アグネス!」と大文字で呼び捨てて……あああ……!え、これ、もしかして別勢力で帝国を滅ぼした時に毎回毎回こんなやりとりしてるの?裏でこう……こんなことしてたの!?あらあらまあまあ!!!
このときをもって、アグネスちゃんはただの女の子に戻ります!!!
ああ、これ、夢にまで見た悪を滅ぼす放浪じゃないか……。ifじゃないか……これ公式で……ほんとに!?

なんだか新しいソシアルナイトまで手に入れちゃった。
うれ……あああ……うれしい……セーブデーターが「ディートハルト」になってる……人材プレイで陛下を陪臣にして建国しようと四苦八苦したあの日々……うわ……すごいぞ……。

このあと、クーニッツ騎士団に所属することで「その後」を見ることができるらしいのですが、雇用イベントが見たくて各地を放浪してみました。

……。
どこも優しいぞ!!!帝国が一番クズじゃないかよ!!!
いやわかってたさ!!!わかってたけどさ!!!

砂漠のイスハークさんはほんと、……安心できる……安心できる……この人、安心感が桁違いです。お、お父さんとお呼びしても……?
意地悪されたらなんとかしてくれるっていう気がします。安心してアグネスちゃんを任せられます。「お目通り願えまして光栄です」というディートハルトさんがなんだかおもしろい。
一方マスケットは傭兵あがりが多いだけあって放任主義の実力主義。でも、ディートハルトさんなら問題なく勝ち上がって行けるでしょう。さすがに人外サイドにはつけないようです。無念。

ハーラルトさんの真似は出来ないか。組織はなー、うーん。危ないしね。色々。っていうかハーラルトおじさん大好きなんだけどなあ。

旗揚げしてみたりもしましたが、やっぱり3人じゃ寂しくなってクーニッツ騎士団に身を寄せることに。

あああ、帝国兵がいかにゲスばかりかの噂話をしてて心が落ち着くのはなんでなんでしょうか。なんでだろうか。凄く落ち着く。ブラックジョークじゃないじゃん!自虐ネタじゃない!
サディアスさんのお父さんは何気に馬術が凄い人だったんですね。なんかこういう設定とても好き。
サディアスさんとサディアスさんじゃない方もせっかくだから陪臣に入れて鍛え直してあげようと思って仲間にしました。ビシバシいくからね!クーニッツは甘くないから!!!
ディートハルトさんの部隊には、元帝国軍のメンツがずらりと肩を並べています。エルフ萌えのハーラルトおじさんも雇っちゃおう。後見人にしよう。
あとでディートハルトさんとアグネスちゃんが結婚するときの証人になって貰おう。いや、そういう可能性があるかもってことで。

しかしシーオドアさんとの会話を見るに、ディートハルトさんは年齢を気にしていたんですね!帝国正規エンドを見ても同じことが言えるのか貴様あああ!!!
おんなじように年齢を気にしていたやつがいた気がする。政治的に。

なんとかしてよね!どうすればいいの!って泣きつくお役目が黒騎士さんから、シーオドアさんに移っていやしないでしょうか。なんだかんだ、シーオドアさんとアグネスちゃんも良いコンビのような。
ディートハルトさんが働くたびにどんどんと頭角を現すアグネスちゃんが可愛いのなんの。クーニッツ騎士団が頑張るたびにアグネスちゃんも頑張る。なにこれ。プリンセス・メーカー?
ディートハルトさんの弱点を補おうと、図書館で自学自習……なんて偉い子だ……ふつうの女の子って、すごい!
ご飯まで作れるようになってしまいました。
騎士団長のお嫁さんはあっけからんとしていてもともとかなり好きだったのですが、フィリーネさん、なんとお姉さんポジションに。うっかり養女にされかけたような気もしますが、団長が居る間は大丈夫でしょう。しかしゲスいこと抜きにジキスヴァルドさんを兄と慕う日があってもよかったかもしれない。
「真・ゲスの末路」ではうっかり泣きかけました。アグネスちゃん、なんて……立派に育ったんだ……。

しかし、スティーグさん。スティーグさん、スティーグさん……スティーグさん……この悲壮感というか、手を汚していながら一番報われないスティーグさん……。なんだ。ヤンデレじゃなかったのか。あああ。娘さん……。
少しは目にハイライトが戻ると、良いなあ!

無事、アグネスちゃんは学校を卒業!
帝国の主席はいまや二人いるぞ!!!

主席といえば、バルドゥルさんも気になるのですが。火術士!理論の人……努力家……すばらしい。雇った時のアピールが大好きです。「あ、主席さんだ」ってなんだか、なんだか不思議と可愛いです。あの人。
好みがダダ漏れですね。

真・エンディングではアグネスちゃんがすっかり清楚な女性に成長しました。26歳。あああ。あああ。14歳の時にあった険と不遜な感じがすっかり抜けて、たおやかなお嬢さんに。12年……じゅうに……お前、お前そんなお嬢さんを振るとか!!!振るとかふざけるなよおおお!

平和な世で、また黒騎士さんは役目を失ってすこし寂しそう。

みんな幸せそうなので、幸せそうなので私は満足です。
団長さん、ブーケはアグネスさんに是非。

アグネス×ディートハルトでも、ディートハルト×アグネスでも良いけれど諦めないぞ!

フィリーネ先輩も味方につけてじわじわと……。などと言いつつ、なんだかんだ二人のこの距離感を愛しているのでもあります。
やったやった。めでたし、めでたし!

そういえば、ゲスの末路も頑張って集めているのですが、ホラーツさんとゲレオンさんは中々良いキャラをしていますよね。あれだけ突き抜けて悪いキャラもそうはいまい……。
アポイタカラでは「出来上がったものがこちらになります!!!」とばかりに不意打ちを食らいました。やられました。
inserted by FC2 system