クライム クリア感想

クライム編が実装されたということで、久しぶりにロストテクノロジーをやっていました!いやっほおおおう!!!
無双しようと思っていたら、イージーで1回滅びました。なぜだ。
一体どうしたものかと悩んでいたのですが、部下を一緒に連れ回して全滅しないものすごく強い一個小隊を作ることで解決しました。思い出した。これ強いんだった。
私はソリティア方式って呼んでます。

まだシステムについて実はあんまりよく分かっていない節があるのですが、妙なつながりが作れて面白いです。バラッドさんがアグネスちゃん連れてたりとか。うーん、なんかそれは教育上ダメな予感がする……。
※以下、クライムのシナリオのネタバレを含みます





















 まず、まずもってリーダーのデモクリシアさまが好きでした。女の人に優しいからだろうか。美人さん大好きとはいうけど、別に誰かを馬鹿にした大好きではないので、なんだか良いなあ。
 魔王さまはもっと残忍で狡猾だと思っていたのですが、そんなことはなかった。

 それからデモクリシアまわりの人物も非常にみんな好きでした。説明文を読みながら心待ちにしていたのもあって、関係をいろいろ想像していたものですが、誰も彼もかわいい。

 ストーリーのメインっぽいリングテイルさんとリトアさんの恋模様が素晴らしく……よかった……頭の中を覗いていた時はほんとうにニヤニヤした……まずかった……。また好きなカップルが……。幸せになってください。

 デモクリシアさまは男性嫌いらしいですが、別に他の人にも「結婚するな!」とか言わないからいいよなあ。リングテイルさんの側には誓いの言葉がかなり多かった気がしますが。
 そしてバンディクートさんには別にマゾっ気がないのが良いな……手段なのが良いな……結果アレなことになってるだけでサツバツとしているのが良いな……この小物臭……。

 カエル王国と同盟を破棄した時のイベントの、「ビクッ」っていうのがすごいトラウマを感じさせて非常に良いですが、滅亡させてしまうのももったいないなあ。

 それなりに策を練って、知能犯な感じがあるのが。でもハッピーエンドでは一手及ばないというか。……ああ……楽しかった……一度BADを見ている分、ここでくるぞくるぞ、って構えてしまった。きた。
 自業自得感があって、とても面白かったです。どこぞの帝国と一緒で成功した時はなかなか洒落になりませんけれど、ああ……こいつ……悪い奴だよ……。どうしてロストテクノロジーの悪者はこんなに生き生きとしているのか。
 暗殺が成功した時には、冷静に「デモクリシアは優しすぎる」と称していたのがすごく印象に残っています。
 あと執事居るのが単純に羨ましいな。

 追加メンバーについてなんですが、レラージュさんとイブリースさんがものすごい好きです。
 アポイタカラのハステロイさんといい、働くおばさんっていうか、おばさまっていうか、なんかそういった類の女性が好きなんですが、いや、イブリースさまはお姉さんでもいいんですけど、待ち望んでいました。レラージュさんとイブリースさん。ピンポイントで好みのところが来たので、幸せ……。
 しかも!しかも!魔法使い!死霊使い!
 師弟!まとめて!どっちも!
 なにもかも好きで、っていうかああ、年上のお姉さまの色気だ、まったりしたかんじが……なんか……好きです……。
 
 無事、ハッピーエンドにたどり着くことが出来ました!攻略のヒントを授けてくださった方はほんとうにありがとうございました。帝国裏ルートも教えてもらったんだったなあ……。いったいどうやって見つけるのだろうか。

 いったんクリアしたものの、wikiを参考にしながら、周回して各勢力とのvsイベントや征服イベントなどを回収していました。
 ディートハルトさんとアグネス陛下の絡みも健在でよかった。テュクルカさんが「教育よろしく」ってディートハルトにアグネスちゃんを放り投げるのには笑いました。たしかにあの裏ルートでのアグネス陛下は気丈で美しいよなあ。ディートハルトさんの強さに信頼を寄せている皇帝陛下はほんとうに純粋で。
  アグネス陛下を一目見て将来を見抜くテュクルカさんはいったい何者なんだ。

 ヨクトさんとミーサさんの絆も再確認したりして、あれはほんとうに可愛かった。ヨクトさんはそういうところはっきりしてていいよなあ。
 処刑陣は切なかった……スカーレットさんとスマウグはほんとうにせつない……。

 デモクリシアさまは女性びいきではありますが男にやたら厳しいというよりは女性に甘く、男性は通常通りの対応をしている気がします。
 しかしレックスさんに対してはあれだな。対アレクセイ最終兵器だな。レックスさんは更新を増すごとに苛烈さも増していくなあ……と思いますが、負けたところが見られてよかったというか。ちょっぴり同情を禁じ得ないというか。

 教祖様の処刑も切なかった。その上、それが終わってからシンが降って来たものだから切なかった。見せてあげたらどんな反応をするんだろうか。前口上で「種族として忌むべきものではない……」って言ってたのにはやっぱり理屈が通ってて好きです。デモクリシアさまは退屈そうでしたが。

 そういえばシンってなんなんだろう。愛の天使ののえげつなさが半端無い気が。クーニッツ騎士団の冥婚もまた、切なくも良かったなあ。

 無理やりマスケットの征服イベントも見ました。マスケットはもう、なんだか、どうしようもない。ひどかった。面白かった。

 なんかやたら囲ってる雰囲気も無くてほのぼのしいんだよなあ。愛でている感じが平和で良いです。
 そんなクライムでした。バンディクートさんの「ほ〜?」みたいな、なんか間延びした「〜」が好きでどうしようもないです。
inserted by FC2 system