試される大地(試される私)

Stardew valleyで「よーし、ここはアンデットって設定でキャラを作って思いっきりセカンドライフするぞー!」と思って赤目白髪キャラクターを作ったら、導入が予想外にシティライフに疲れておじいちゃんの牧場を引き継ぐ感じだったために、赤目充血の過労死寸前の人みたいになった。

しまった世界観の読みを思いっきり間違った。

キャラメイク画面がTerrariaと似ていたから、そういうノリで行けるかと思ったんだ!
それとだ、牧場の種類に、「野性的な牧場:夜にはモンスターが出現します」っていうオプションがあったから、あれだ。えー……。

逆になぜだ。どうして私は牧場物語でヴァンパイアになれると思った???

キャラメイクの時に選んだドクロTシャツが焼け石に石って感じでもうどうしようもない感じにロック。
これ脱いでいい?あれ、着てる服って脱げないの?一生?

ああー、どうしよう。
好きなものに至っては浮かばなかったから「エルフ」って記入してしまった。
これは、これは越してきたその日から村八分に違いない……。

ロビンさん「何か好きなものはあるの?」
主人公「エルフかな。限界が来たとき、私に良く話しかけてくれるんだ」

間違いなくいちばん辛いのは新参者がこんな奴だったご近所のみなさんでしょう。

いったい都会でなにがあったんだろうな。

最近、Stardewvalleyに公式の日本語版がリリースされて、それで、ニンテンドースイッチでも対応するって話じゃないですか。

だからね、えーっと……。
みんなはこんなふうになっちゃだめだぞ!!!!!

トマトジュースばっかり飲んで暮らしているわけでもない。24時までに寝て6時に起きる、徹夜をするとぶっ倒れる。そんな勤勉な社会的アンデット。

住民との暖かい交流や、田舎の空気で多少は気も紛れるだろうと思ったんですが、集会所にはコロボックルがいるし、下水道にお友達はできたし、さいきん、鉱山でドワーフを見つけました。
ますます日常に戻れなさそうな気がします。
inserted by FC2 system