アクセサビリティ

真・女神転生U、コロシアム。
そこは、物語上のファーストダンジョンであり、同時に、私のような人間にとっての最大の難所でありました。

このダンジョンの最大の問題は、ボス部屋までの、アクセスが、良すぎることです。

道が分からないっていうよりはドアが分からない。分からないって言うか、どれ?出口、どれよ?どれがボス部屋なの?っていう分からなさ。
もーーー、どの部屋がボス部屋なのか分からない。つまり、宝箱全て開けていくスタイルのプレイヤーにとっては戦慄のダンジョンなのでございます。コロシアム。
私はそれほど全部空けないと気が済まない、ってほどでもないんですが、どこぞのキラー・ツネこと岡本さんが借金をしているせいで、主人公は防具を売って貰えないんです。

スタジアムだから、狭い。丸い。丸い。奥の奥の奥まったところにボス部屋があるならなんとなく雰囲気でわかるじゃないですか。でもなんか妙に、全体的に丸いんですよ。シンプルです。
人の話をしっかり聞いていると、「真ん中にあるリング」ってきちんと言われます。はい。いや、いやでも、ドアがあったら。開けたくなるじゃないか。真ん中って全部回らなきゃ分からないじゃないですか。あー。丸い。メロンパンみたい。丸いからすごい速さで出口に到達する。
ボス部屋に。すごい気軽さで。アクセスが良すぎる。アクセスが良すぎるのもどうかと思う。しかもボス部屋への扉が二つある。コロシアムだから。二つもある。すごい良い立地。さすがスタジアムだ。

不用意にドアを開けたら決勝戦。観客大勢、熱狂に包まれ……包まれ……あああ、ちょっと待って!
普通のドアだもの。これがほんとに、フッツーのTHE・DOOR。聞き耳を立てようとしたら自動でシャッと開きそうなやつ。
待って!無理無理ムリィ!!!なんでこんなところに扉があるのォ!戻らせて!宝箱を開けさせて!
待って。待って。戻らせて。あーあーあー……。

誰が……誰が、二度とデスマッチなんてやるか!
そう思いつつも、のちにダレスさんとリベンジマッチをすることになるのです。はい。

ダンジョンが難しすぎて攻略できないってあるじゃない。アクセスが良すぎるのもそれはそれで問題があるんですね。
ボス部屋にはきちんと鍵をかけましょう。
inserted by FC2 system