後は任せた

 牧場物語、プレイしたのは2作目です。びっくりするほどやりました。私、シミュレーションゲームというものに目がなくて、しかも、携帯ゲーム機だったもので……。
 『牧場物語〜キミと育つ島〜』なんですけれど、まあともかく、聞いてください。オープニングで難破したら無人島にたどり着くのですけれど、じゃあ牧場やろうってことで、もー、喋らないタイプの主人公の適応力って半端じゃないですよね。見抜かれてる。「牧場やりにこのゲームを買ったんだろう?」みたいな。ぐいぐい押してくる。次の日にはクワとか鎌とかジョウロ持ってる。しかも、なんか次の日からおじいちゃんが使い方指南に来る。
 難破船は? ほかの人たちは?
 いいんです。牧場をやるから。
 ところでこのおじいちゃん含め遭難に居合わせたのが仲買い一家で「俺たちはきみの作ったものを出荷するぜ、よろしくな」と言ってくる。そりゃ流通だって大事だけど、生産が私1に対して一家は祖父、母、兄妹の4人です。いいなー。ペティークラークの法則ってご存知ですか!
 しばらくすると商人さんやら動物業者の方々が来て。待てよ、つくれよなにか。大工さんはまあ、よしにしてもだ、つくれよ。
 ほんのりわかっていたけど、道だって橋だって私が作るんです。町の発展も主人公が頑張ってやるんです。

 ねえ、この島、みんなで育てる島じゃないの?協力してくれるって、あなた言ったじゃない。養育費だって全部私が出してるのよ……? 育児放棄か! そろいもそろって育児放棄か!!!!!
もういい! 私が育てる!!!

 主人公がごろごろしていてもデパートができているわけにはいかないので、仕方がないことではあるのですが。
 牧場物語、農業・酪農は儲からない。すごく儲からない、というよりは作業が辛い。水をやったり枯らしたり、季節が変わるとごそっと枯れるシビアさ。動物もね、1日1回は撫でてやらないとストレスがたまるし、これが多頭飼いしているともう大変。DSのタッチ機能を生かしたミニゲームでして、タッチペンでごしごししたりリズミカルに乳をしぼっていると、すごい飽きてくる。
 このゲームで儲かるのは鉱山なんです。それも一番効率が良いのは最深部まで潜るために落とし穴に落ちることです。ゆでたまごを抱えながらわざと落とし穴にはまりすかさず体力回復、岩を砕きくわで足場を探りピンクダイヤモンドを採取する旅。セーブとロードあればなお効率的。
 なんだろう、これ。物凄い目標までの距離感。好感度は毎日話しかけたり贈り物をすることで上がる。この作業感。この作業感。なんだろう、嫌いじゃない。

 でもね、進んだと思うんですよ。何がって攻略対象ですよ。私が遊んだ牧場物語は前々作、くらいの『牧場物語 ワンダフルライフ for Girl』で、攻略対象っていったら「身体を壊して休職中の農家のおじさん」か「夢見がちで楽器を弾きならすのが趣味の遊び人」か「宿屋のイケメンドラ息子」でしたからね。3/3働かない。いや、休職中のおじさんはともかく……。宿屋のお兄さんは冷蔵庫に保存しておいた食料が勝手に無くなっていて「冷蔵庫がからっぽなのは寂しいな」っていう何もしない夫でした。挙句の果てに成長した息子に「どうして父さんはなにもしないんだよ!!!」って罵られてましたから。いやー……全く。
 for Girlが後からの発売で、それまでの牧場物語は男性主人公主体だったので、お嫁さん候補はほんっとほんっと可愛いんですけれどもね。

 もう奥さんや旦那さんが結婚しておうちをうろうろしながら忙しそうにしているのを見るだけですごくハイスペックに見えるんです。魔女さまとかと結婚すると、サッパリなにをがんばっているのかはわかりにくいことですが。 聞いた話、別シリーズでは怪盗さんと結婚できたりするらしいですね。前作では、女神さまと結婚できたとも聞くし。いやー、いいなあ。
inserted by FC2 system